矯正歯科|世田谷区三軒茶屋の歯科【STデンタルサロン】

  • 三軒茶屋・STデンタルサロン・電話
  • 三軒茶屋・STデンタルサロン・メニュー
  • 歯並びが気になる
  • 口がいつも開いている
  • かみ合わせが悪い

前歯が出ている、ガタガタしているなど、歯並びのお悩みはありませんか?
矯正治療は、何歳からでも始められる治療です。
歯並びやかみ合わせを整えることで、見た目だけでなく噛む・話すといった機能性もアップし、ケアしやすくなることから、お口の健康寿命も延ばすことができます。
矯正治療で長年のお悩みを解消し、素敵な笑顔を手に入れませんか?

矯正の種類と特徴

目立たない矯正(表側矯正)

三軒茶屋・STデンタルサロン

透明のブラケットと白いワイヤーを使用することで、通常の金属製のものより目立たなくなります。

メリット
幅広い症例に適用できる
計画通りに治療が進みやすい
デメリット
ブラケットやワイヤーが見える

見えない矯正(裏側矯正)

三軒茶屋・STデンタルサロン

ワイヤーやブラケットを歯の裏側に装着することで、外側からは矯正装置が見えなくなります。

メリット
周囲に気づかれないほど見た目が自然
計画通りに治療が進みやすい
デメリット
慣れるまでは違和感があり、痛みを感じやすい

取り外し可能な矯正(マウスピース型矯正装置)

三軒茶屋・STデンタルサロン

透明なマウスピースを1日に22時間以上装着し、歯を少しずつ動かしていきます。食事や歯磨きの際は自分で取り外すことが可能です。

メリット
周囲に気づかれないほど目立ちにくい
装置を取り外せるため、今まで通り食事を楽しめる
装置を取り外せるため、今まで通り歯磨きができる
デメリット
装着時間をしっかり守らなければ、治療効果が得られない
適用できる症例が限られる

歯の移動を早める矯正装置(表側矯正)

オーソパルス

毎日10分ほど、お口にくわえることで、弱い近赤外線を歯の周辺組織に当てて細胞を活性化させ、歯の移動を促すための治療装置です。

アクセルデント

毎日20分ほどお口にくわえることで、歯に微弱な振動を与えて、歯の移動を妨げる歯根膜を一時的に歯から離し、歯の移動を早める治療装置です。痛みはなく、むしろ矯正による痛みを和らげる効果があります。

ご希望の方には貸し出しをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)について

取り外し可能で便利な
マウスピース矯正
でも本当は…こんなデメリットもあるのです。

三軒茶屋・STデンタルサロン

インビザラインは、自分で着脱が可能なマウスピース型矯正装置です。
透明な装置なので目立たず、気づかれにくい特徴があります。

ワイヤー矯正と比べると適応範囲が限られますが、適応症例に対して適切に使えばメリットの大きい治療法です。
しかし、デメリットをきちんと説明している医院があまり多くないのが実情です。ワイヤー矯正も行っていて、デメリットについてもきちんと説明してくれる歯科医院での矯正治療をおすすめします。

歯は大切な身体の一部です。歯並びを整えるために、後悔してほしくありません。
メリットとデメリットをきちんと理解したうえで、一緒に考えてみませんか?

抜歯を伴う矯正には向かない

抜歯をすると奥歯が前に倒れやすく、インビザライン単独で倒れた奥歯をリカバリーすることは困難です。そのため、インビザライン単独では抜歯を伴う矯正治療は難しいと考えられています。どうしても抜歯を伴う矯正をインビザラインで行う場合は、ワイヤーを併用したり、奥歯の移動が極めて少ない場合に限られます。

歯に何も付けないわけではない

インビザライン治療では、「アタッチメント」と呼ばれる白い突起物を歯の数カ所に貼り付けます。アタッチメントを付けないと歯を動かす力が弱くなり、計画通りに治療が進まない可能性があります。インビザラインなら、マウスピース以外は歯に何も付けないと思われがちですが、そういうわけではありません。

歯と歯の間をわずかに削る

インビザライン治療では、歯を並べるスペースをつくるために歯と歯の間を削ることがよくあります。削る量は最大で0.5mm程度なので、歯の健康状態にダメージを与えたり、痛みを感じることはほぼありません。ただ、スペース確保のために多くの歯を削るのであれば、抜歯を伴う矯正の方が適している場合もあります。

奥歯のかみ合わせに
問題が出やすい

インビザラインでは、奥歯と奥歯の間にマウスピースを挟むため、もともと噛んでいた奥歯が当たりにくくなることがあります。この場合は部分的にワイヤー矯正を行い、顎間ゴムなどを併用して治療を行います。ワイヤー矯正ができない歯科医院では対応が難しいため、インビザラインによる治療は矯正を専門的に行っている歯科医院で受けることをおすすめします。
またワイヤー矯正に比べると、かみ合わせの精度はどうしても劣るため、場合によってはワイヤーでのリカバリー矯正も行います。

マウスピースが
合わなくなるリスクがある

インビザラインでは最初に型取りを行い、そのデータを元にアメリカで製作された1年分や2年分のマウスピースが日本に送られてきます。そのため、治療後半になればなるほどマウスピースと歯の間に隙間が空きやすくなり、歯を動かす力も弱くなってしまいます。わずかであればリカバリーができますが、場合によっては型の取り直しが必要になります。

効果が患者さまの
忍耐力に左右される

インビザラインでは1日22時間以上の装着が推奨されています。食事や歯磨きの時に外せるのは大きな利点ですが、睡眠中も含めて長時間の使用が不可欠です。装着時間をきちんと守れない場合、治療効果が得られない可能性もあります。

ワイヤー矯正より
時間がかかることが多い

治療期間は、ワイヤー矯正よりも長くかかる傾向にあります。ワイヤーの矯正装置は歯科医師が調整を行いますが、インビザラインは調整が必要になった場合、型をとってアメリカに送る時間がかかるためです。歯の動き自体が遅いわけではありませんが、融通が利かないぶん、時間のロスを生みやすいのです。

家族サポート制度

ご兄弟、姉妹、親子で治療を始められる方のサポートも行っております。
お二人目からの治療費に割引制度を適用しておりますので、ご家族で安心して治療を受けていただけます。

また、治療期間が長引いた場合は追加調整料は一切いただきません。